お知らせ

2012年9月より岡山に移転し営業しております。 「完全予約制」な「隠れ家的クルマ屋」。 まぁ一人で手が回らないだけ、なんて実状は内緒です。笑 全国納車賜ります。 小さいからこそ小回りの効くお店でありたいと思っています。 皆様どうぞよろしくお願いいたします。

2010年6月12日土曜日

軽オープン 3


「いやぁ、さすがに黄色はないだろう」
と、、半ば諦めつつ画像探しに取り掛かった訳ですが。

ありましたね~(笑)

僕は嬉しい!
世の中黄色ファンはいるもんですな。


ところで、
厳密に言わなくてもオープンじゃないことは重々承知です。ハイ
でもまあいいじゃないですか。
同時期に存在して「平成のABCトリオ」なんて言われた仲間なんですから!
どうかご容赦を。

と言うことでAZ1です。
ちなみに「ABCトリオ」とは各々のアルファベットの頭文字をとっているそうです。

この車一度だけ乗ったことがあります。


動かしてませんけど・・・・。


まあ、本当に座っただけなんですが、そのタイトさに驚いた記憶があります。
「あぁ、これは本当のスポーツカーを目指したんだ」
と感じました。

今や、当時の新車価格を上回る"お値段"で市場に出回っていますが、それもそのはず、当時4000台ほどしか生産されなかったとか。
今、現存しているのはいったいどれほどなんでしょう?

でもなぜ、それしか生産されなかったんでしょう。
少ないからといって、=その車の評価になるかと言うとそうではないでしょう。

当時、どこだかが調査した、「死亡率№1」なんていう不名誉な称号を得てしまったから?
それが原因で(かは知りませんが)「天使の翼を持つ車(そのまま天に召されます)」「走る棺桶」なんて言う噂が駆け巡ったから?

まあ、その調査の影響が全くないとは言い切りませんけどね。
用は特殊すぎたんでしょうね~。

その超クイックなハンドリング、理想的な前後重量配分、
はたまた、運転席に座ったまま、地面でタバコの火が消せる(ま、だからと言って・・・ねぇ?)と言う異常なまでの低さ、さらに、「男乗り」「女乗り」なんていわれるほどの乗り込みの特異さ、そして何と言ってもガルウィング!

目指したものが一般には受け入れがたかったのかもしれません。

でも、視点を変えれば、それでいいんだと結論できます。

スーパーセブンが売れに売れているでしょうか。カウンタックは今でも大勢の人々を虜にしてますが、だからと言って大衆に受け入れられているわけではありません。

AZ1はそこを目指したんです!きっと・・・。
だから本当に好きな人は、さらに所有し乗っている人は「死亡率№1」なんて気にしない、気に留めない。
しかも、すご~く幸せ☆

素敵なことじゃないですか!

ちなみに私、この車大好きです。(笑)

察しのいい方は既に気付かれましたよね?
そう、私おバカなんです。

あ、でも仕事はキッチリ!ですよ~。

2010年6月11日金曜日

軽オープン その2


さてお約束どおり、BEATといえば次に来るのがカプチーノ!ですよね?

「黄色のカプチーノなんてあるのかい?」

と少々疑問に思いつつ検索してみたら・・・・・・・。

ありましたね~、それも超ハードなやつが!
これはもはや車と言うより"マシン"ですね!
嫌いじゃないですよ~、むしろ好きかも。

でも何故、「かも」なのか?


ん~、さすがに今は乗れません・・・。でも見ていたい。そんな感じ。


ま、正直なところBEETほど記憶に残っていないんですが、それでも今でも根強い人気に支えられている一台だと思います。発売時、4つのルーフを体験できる!なんて言ってましたが、今思うと中々革新的な試みだったのではないでしょうか?
その4つのルーフとは・・・・。

1:クローズド(要するに閉まってる状態)
2:Tバールーフ(運転席、助手席各々の頭上が開いている){個人的には意味不明}
3:タルガトップ(すべての頭上がない状態で、後頭部のみ閉まってる)
4:やっときましたね、フルオープン!
という訳です。

しかも当時としては珍しい(というか"初"に近い?)フルオープンでありながら幌、というか、やっぱり幌?ではなくハードトップでしたね~。

思い起こしてみると、そんな楽しい車をメーカーも大胆に発売していたんですね。
今の車業界ではちょっと考えられないことかもしれません。
それでも!
あえて発売していただきたい!なんて思うのはわがままなことなのでしょうか・・・・・。

BEAT→カプチーノときたら、当然忘れてならない伝説の(?)軽スポーツがありますよね?
ちょっと調べてきたら・・・・・。

「高っ・・・・・・・・・・・・・シ~ン」

さて次回はそれです。多分。


そうそう、「大売出し」なんて書いてありますけど当店の在庫車ではございません。
あしからず。

いいよね!カプチーノ!

2010年6月10日木曜日

軽オープン




昨日コペンの記事を書いていて思ったんですが、わたしらがまだ”車少年”だった頃、HONDAから「BEAT」なる軽オープンが発売されましたよね?
その偉大な存在を昨日までしばし忘れていました。

何が偉大って、軽自動車枠の中でミッドシップオープン2シーターを実現し発売してしまったことです。
当時、確か高校生くらいだった私は、


1 免許無し
2 取れる見込みもまだ無し
3 当然金も無し

なのに!ディーラーに出掛け歓喜していました(快く迎えてくれたHONDAさん、素敵!)まあ、当然あの大きさでミッドシップですから、トランクスペースなんてあるはずもなく、ようやく傘が2本ばかり入るくらいのスペースがチョコン。メーターだって、なぜかバイクのようなデザインで、シートにいたっては大阪のおばちゃんが狂喜してしまうようなゼブラ柄!それでもとても魅力的な存在でした。
そんなこと言い出したら「カプチーノだってあるじゃねーか」と言われそうですが、それは又別の機会に・・。

そんなこんなでちょっと調べて見たら昨年あたりBEAT復活の噂があったんですね~!
画像を拝借しましたが、見る限り中々いいじゃないですか!
今日現在まだ出てないところを見ると・・・・・、まあそれはいいとして、コペンがあの種の車にしては成功を見た(超個人的な意見ですが)のですから復活して欲しいモデルであることに間違いはありません。

初代BEATにもまだまだ根強いファンがおられるようですから、もちろんNAで!(あ、私NAファンでもあります)



そして黄色をお忘れなく!(タビタビスイマセン)

2010年6月9日水曜日

やっぱり黄色。



昨日復活したバモちゃんで今日も元気に走り回りました。
本日は小雨のぱらつく天気だったのですが、その重い空気を払拭するかのように、鮮やかな黄色のコペンがのんびりと走っていました。いいですね~黄色。

黄色は人を元気にしてくれます。

あ、もちろん、黄色は”きちがい色”なんていうご意見が世間には存在する、と言うことも重々承知です。ハイ。

でも私、勉強不足でした。コペンに黄色があるんですね。コペンと言えば濃い目の緑に初老のダンナ方!なんていう図式が出来上がっていたのですけれど(笑)

それはそうと黄色のコペン、止み間を見てルーフを開けては、降ってきたら閉める(信号待ちやら何やらで)なんていうことをしばし繰り返していました。まあ、小雨ですから開けっ放しでも全く問題ありませんけどね。

「同業者の現車チェックか?」とも思い覗いたんですが、何とまあ!

そこにはハタチそこそこの若い男子達が、これまた本当に楽しそうに乗っていたんです。

”若い世代の車離れ”なんて言われてしばしの時間が経ちましたが、こんな若者もいることを本当に嬉しく思いました。

とは言え、同じオープンでもレクサスSCやらアウディTTロードスターやらでしたら間違いなく嫉妬してるんでしょうけど!

かくいう私、私事ながらその余り多いとは言えない車歴のなかで、オープンを二台ほど経験しております。
あ、もちろん中古ですが・・・・。(← これ大事)

楽しかったですね~。

のんびり走っても、信号待ちでも、眺めているだけでも楽しい。
きっと、コペンの彼らもそれを楽しんでいたんでしょう。

皆さんの生活の一部にオープンカー、加えられたら、それはそれはうらやましい。なんて素敵なんでしょう!

うちでもコペン、仕入れてしまいたい!




もちろん黄色で!!!


アルミは黒で!!!!

2010年6月8日火曜日

バモスとバッテリー



唐突ですが、当店の営業車はバモスです。
Gulfを奢り、ブラックレーシングの8本スポークを履いてるバモスです。
この大事な相棒で営業も出張整備も出掛けるんですが。
今朝はご機嫌を損ねて動いてくれませんでした。


そうなんです。
私、バッテリーを上げてしまったようです。

今朝、出掛けようと思ったらセルを回そうとしても何の反応もない、ない、な~い!
予定をキャンセルする訳にもいかず、商品車でとりあえず出掛け、帰りにイエロー○ットでバッテリーをお買い上げ。わたしらもたま~に使わせていただきます。
いや~こういう事態に面すると、量販店の存在に感謝です。


それはそうと、バモス、どうやらバッテリー交換が物凄く、物凄く!面倒だと言う話を耳にしまして・・・。
一説によるとバンパーを外さなければならないとか、何とか・・・。
もう気絶しそうになりました。
「マジで~!ホンダさ~ん、何とかして・・・・(泣)」

でも、ちょっと待てよ、と、私考えました。
「果たして本当にそれほどまでに整備をするのに手間がかかるのか」と。

まあ、ありえない話ではないんですよ。
なんせバモスターボのオイル交換は、カーゴスペースを空にして、マットをめくって、蓋を開けて、ようやくオイルレベルゲージにお目にかかれるんですから!

普通の車ならボンネット開けるだけ、なんて簡単なんでしょう(笑)

しかしながら、どうしてもバンパーを外すという行程がしたくない私は粘りました。

ボンネットを開け、ウォッシャータンクを外し、バッテリーとご対面。



「ん?いけそうじゃね?」



そうなんです。いけちゃうんです!バンパー外さなくても!
しかもご親切にバッテリーを引き上げるためのベルトがついている!
なんて素敵なんでしょう!
バモスオーナーのみなさ~ん!いけちゃんですよ~!


と言うわけで無事に当店営業車も復活しました。

交換後意味もなく試乗したりして復活を祝いましたが・・・・。

とりあえず何の変化も体感できませんでした。
そりゃそうですよ、バッテリー交換だけですから(笑)

しかし、オイル交換にしても、バッテリー交換にしても面倒なバモスになぜ乗るのか?

何故でしょう?

それは1BOXでありながらミッドシップであると言う、およそ一般的ではない変態的なレイアウトに惹かれているからです。

ターボのくせに遅いですし、軽のくせに重いですけど、少し手を加えると驚くほどよく曲がるようになるんですよ。



そんな訳で私はバモスのファンです。

2010年6月7日月曜日

祝!初出品



かねてよりお知らせしておりましたが、先程、ようやく出品、それも初出品が完了いたしました。

店頭売りは何度か経験させていただきましたが、Yahoo!オークションによる売買は初めてなので、異様にドキドキしている次第であります。

車種はダイハツMAX、Rターボです。
しかも黄色!当店の初出品にふさわしいと思っちゃいません?

MAXは4WD、FF、ターボ、NAあるいは4気筒、3気筒等々バリエーション豊かですが
個人的にはこの3気筒ターボ+FFが一番ではないかと思っております。

走行は多めですがまだまだ元気に走るのでオススメです。
(とは言え、極上車をお探しの方には・・・・・・。)
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g86660746

出品ページには記載しておりませんが、出品にあたりエンジンオイル交換(Gulfですよ!)
ブレーキ分解清掃(パットもまだ十分です)
シャフトエンドブーツ交換(これで車検もバッチリ!)
等など、今では情が移りそうなほど手をかけてみました。
(やっぱりこれもアピールしときますか!追加、追加。)



ヤフオクの軽自動車カテゴリーでは、近年たくさんの不正出品が見られる、と耳にします。
それは、同業者としては本当に残念なことです。

車と言うのは生き物のようなものです。
今日、快調でも明日どうなるかは分からない。(ま、私達だってそうなんですけどね)
でも、それと、不正出品は根本から違うものです。

当方でも基本ノークレーム、ノーリターンですが、それを盾に皆様に出来る限り残念な思いを味合わせてはならないと考えております。
ですから、商売の範疇ではありますが整備をし出品しております。

正直皆さんのご期待に応えることが出来るのかは不安ではありますが
どうぞ、よろしくお願い致します。


と、まあ久々真面目に綴ってみましたが、こんな考え方をしている次第です。
終了は20日、日曜です。

どしどしお問い合わせを!!!

2010年6月6日日曜日

アルミのセンス



先日のこと、出張整備の帰り道、対向車線の軽バンが素敵なアルミを履いているのを発見しました。
いかにも職人使用の軽バンにこれまた"THE職人"とも表現すべき兄さんが乗ってたんですが。
まあ、それはいいとして履いてたアルミがいい!
何と言うか、こう、素敵なんですよ!

渋滞ついでに凝視、観察を繰り返したんですが(そうは言っても、そうジロジロと見つめるわけにもいきませぬ)何のアルミか全く分からない、不覚・・。

でも、あることに気付きました。
「もしや純正流用?」
デザインは派手じゃないし、カラーも社外ぽくない。
でも分からない・・・・・。
分かるのは15inくらい?と言うことだけ(笑)

でも最高にカッコイイ!(注 デザインがカッコイイというよりは軽バンに似合いすぎていると言う意味で)


完全に脱帽でした。

しかも軽く(じゃないですね、相当!)引張り気味のタイヤが又いい雰囲気をかもし出してましてね~。

いったいどこで見つけてきたんでしょう。
素晴らしいセンスです!
そのセンスを少しばかり分けていただきたい!


話は少しそれますが、うちの営業者も当然のように軽バンです。(だって維持費安いですもん)
今はブラックレーシングの8本スポークを履いてますが(あ?8本スポークと言えばワタ○ベだろ!?なんて痛烈なご意見はご容赦願願いますね)
最近デイトナ風アルミが欲しくてたまりません。
でも今の8本スポークもかなり気に入っているんですね。


悩みます・・・・・。


ま、それが一番楽しいんでしょうけどね。

そうそう、個人的な好みとしては黒いアルミ大好きです!
どんなボディカラーにも似合うと思いません?

もちろん、当ったり前ですがローダウン大前提ですよ?

しかし、あの軽バン、何のアルミを履いていたんでしょう・・・・。

知りたい!!

GARAGE kooool




おはようございます。
私、早速やってしまいました。
ブログ再開、と思ったら、昨日は忘れて寝てしまいました・・・・。

そんな訳で、今日はこんな時間から書き込んでおります。

さて、先程気付いたのですが、当方の紹介をすっかり忘れておりました。
遅ればせながら、簡単にお知らせいたします。

当方、事務所兼自宅にて、近くの駐車場に少しの在庫車を抱えながら営業しております。
とは言ってもいつも事務所に(自宅?笑)にいる訳ではありません。

陸運局に行ったり、営業に行ったり、簡単な整備等であれば出張したり、そうそう、廃車などにも出かけています。(書類上はもちろん、物理的な廃車ですね)
「廃車なんて、取りに来させればいいじゃん」なんてお思いのあなた、確かにそうなんです!

しかし・・・・。

置いておく場所がないのですよ・・。

ま、日時がドンピシャで合えば引取りにも来てもらえるんですけどね~。

そんなこんなでほぼ、出ております。

だが、しかし・・・・。

まだまだ、動きに見合った収入には結びついてはおりません。悲しいかな・・。

それでも楽しくやれているのは友人たちや取引先の皆さんに支えられているからです。
そうそう、何と言ってもカミさんに助けられていますね。ありがたいことです。シミジミ

ところで当店のコンセプトは、何でしょう。

何でしょうか・・・・・・・・・・。

アマリフカクカンガエテナインデスガ。

ざっくり表現すると今日の画像のような感じ?でしょうかね。
ん~、何と言いますか、「何かあってもあいつに頼めば安心。」と思っていただけるような、
「向こうの店のほうが安いけど、このくらいの差額ならあそこに頼むか」と言っていただけるような、
そんな店になりたいと思っています。

みなさん、どうぞよろしくお願い致します。

と、言うことで当店、自社整備工場は持ち合わせておりません。

が、

信頼できる、強力な提携先はございます。

どうぞ、ご安心下さい。それでは又。