お知らせ

2012年9月より岡山に移転し営業しております。 「完全予約制」な「隠れ家的クルマ屋」。 まぁ一人で手が回らないだけ、なんて実状は内緒です。笑 全国納車賜ります。 小さいからこそ小回りの効くお店でありたいと思っています。 皆様どうぞよろしくお願いいたします。

2010年10月2日土曜日

BlackなWheel

昔から
「お洒落は足元から」
と申します。

その根拠、語源は知りませんが、まぁ、もっともなことではあると思います。

どんなに素晴らしいスーツを着ていても足元がサンダルでは台無し。
逆に多少安物スーツを着ていてもしっかりとした作りのストレートチップなんかを合わせていれば
出来る奴に見えてしまう。

そんな感じでしょうか?

前置きが長くなりましたが、クルマも一緒。
車高とホイルでほぼ100%かっこよさが決まるかも☆

一昔前のギラギラメッキホイルもあまり見られなくなりました。
(私も履いてました。 笑 あれはあれで素敵)
今の個人的な好みは黒いホイル。

なぜってほぼどんなボディカラーにも合うから 笑

たとえば欧州的生真面目カラーであるシルバー。
全然面白くない色ですけど黒いホイルを履かせれば生真面目路線逸脱。
"こいつできる"
と思わせてしまいます。

あるいは一般的にキチガイカラーなんていわれる黄色やオレンジなんかに履かせれば
派手派手なボディカラーがギュギュっとしまって最高に素敵です。












とまぁ、色々並べてみましたけど結局はオーナーのセンスがもろに出る所。

一部ではわざとは"ハズシカラー"を持ってくるなんて荒業も出始めています。

何が正解で何が不正解なんて事はないのが正解ですからとことん楽しんでしまいましょう!!


「おぉ!!!!」
と、思わせた者勝ちですよ!

さらに、ホイルの奥に素敵なキャリパーなんかが見えてしまった暁には!
もうたまりません。

でも、そうは言っても、ねぇ。


高いじゃん!キャリパー★

2010年10月1日金曜日

HOTHATCH ホットハッチ!!



以前にも書きましたがようやく新型ポロGTIが発売になりましたね。
「高すぎる!!!」
と酷評のVW強気の値段設定はさておきクルマそのものに対する評価は高いようです。

その発売に伴いにわかにホットハッチブームが再燃するか!?
と言われているのかは知りませんが、いまやポロGTIはホットハッチファンには貴重な存在でしょう。

だってゴルフGTIでかすぎ・・・・・・・・。
元祖ホットハッチなのにね  笑
遅ればせながらホットハッチの定義とは・・。
★★★
ホットハッチの正確な定義はないが、スポーツカーよりも安価だがスポーツカーに負けない実力とセダンの実用性をあわせ持つハッチバック車のことを指す。「基本は普通に乗れて、いざというときに結構速くて楽しめる車」
★★★
らしいです。うまく説明されてますよね~~。

で、今注目のホットハッチを完全なる独断で選んでみましたよ。

まずは欧州フォードから FOCUS RS
2500ターボの300馬力くらいと記憶してますが、なんせカッコイイ。
完全なる好みですけど。


そのFOCUS RSの限定車
「RS 500」
なんだかいかちぃカラーですが・・・。


チューンの仕様、プログラムの変更etc・・・・。
などにより350馬力を発生させちゃいます。
残念ながら正規輸入はないようです。
なぜ、あえて「正規輸入」としたかと言うと・・・・。

なんと!!
並行で入れちゃった方がおられるようです!!
おめでとうございます☆
見たい!!!!!!


とスペックばかり注目してしまいましたが(それも大事ですけどね)
個人的にはホットハッチの真髄はスペックよりも楽しさにあると思います。

日本には入らない廉価モデルの6MTなんかは最高に楽しいと思いますが!

で、いまお勧めのホットハッチは
やはりPOLO GTIですかね。

先代モデルの。

いまや貴重なMTしかない、と言う設定も素敵です。

それも限定で出た「カップエディション」なんかはいかがでしょう??



シリアルNOも入ったりしてオーナー心をくすぐります。
ベース車よりも少々お値段張りますけどね。


新しい1400ツインチャージャーも萌えますけど1800ターボ+MTも萌えますよ~~。

+速さもお求めならECUチューンもどうぞ!!
  
ホットハッチ!
きてますよ~~~~(個人的に)

2010年9月30日木曜日

savanna RX-3

先日友人宅に伺った時の事
マンションの駐車場に素敵なクルマを発見。

それがRX-3でした。

と、その前に。

どうやら長年「RX-3」と信じてきた車名はどうやら輸出名らしいです。
国内版は「SAVANNA GT」と言うのでしょうか?
でもまぁ今更なのでRX-3でいかせていただきます。

以前にRE(ロータリーエンジン)に乗っていましたのでRX-3はその先輩にあたるクルマ。
それだけに興味もありますし妙に感慨深いものでもあります。

今見てもカッコイイですね。
男らしいと言うか硬派なというかスタイリングが良いと思います。
もちろんスペックで見たらいまや見劣りすらしてしまうでしょうけど
それを補って余りある魅力があると思います。

とは言え中々お目にかかれない車種であるのが厄介なところでしょうか。
いやいや、たまに見るから良いのかもしれませんね!











今回画像を見つけれませんでしたがセダンやらワゴンやらも存在するらしいですよ。
激しく渋いですね。
RE搭載ワゴン。
RE搭載セダン。

昨日のテーマじゃないですけど
新車で発売して欲しいリストに入るかも☆

と思ったらセダンの画像がありましたよ。
すっげ~カッコイイ!!!

とは言え只者じゃありませんけど。




タイヤ太すぎ!

2010年9月29日水曜日

復活して欲しいクルマ

2~3日前、某巨大掲示板で
「新車で復活して欲しいクルマは何ですか??」
なんていう投稿を発見いたしました。

中古車屋なのに新車の話っていうのも何なんですが  笑

皆さん意外に食いつきが良くいろいろな回答があったんですが・・・・・・・・・。

さっき、もう一度見ようとしてもたどり着けませんでした、申し訳ない。

で、記憶をたどって思い出したのが以下のような車種。













お世話になってますから店の名前も消しません。
社長~宣伝しときましたよ!!!!

ご覧のとおり目立っていたと言うか、ほぼ"走る"モデルが列挙されていました。
"走る"クルマお好きですね??

考えてみると今の時代「エコ」だ「低燃費」だと言うフレーズしか聞かれず
(エコも低燃費も大事なんですが)
気付いたら"走る"クルマは新車では手に入りにくい。
もしくは理想とする欲しいクルマがない状態。

そりゃぁスポーツカーとされるクルマの相場も落ちませんよね~。
ただ疑問に思ったのはこれら列挙されたクルマの「スタイル」が好みなのか
それともエンジン形式やらもすべてひっくるめて「当時のまま」がお望みなのか?

ま、個人的には当時のスタイルに最新の技術を注入していただきたいところですが。

ワタクシとしてはこちら。
国産ならこれ。

スタイルはこのまま。
その他は最新のTYPE-Rの技術を惜しみなくお願いしたい!

輸入車ならこれ。
以前のブログにも取り上げましたけど。
やはりスタイルはこのまま。
ポルシェとのコラボももちろんこのまま。
直列5気筒ターボなんていうスタイルもそのままに最先端のAudiらしいものを作り上げていただきたい!


ま、言うだけは勝手ですから好きなこと言いましたけど。

現代において何かこう・・・脳裏に刻まれるというか
胸ときめくというか、"走る"クルマが少なくなってきていることは事実です。
致し方のないことかもしれませんが・・・・・・・。

でも,名車とされるものはいつになっても輝いているものなんですね。
後代に輝き続ける"名車"が産まれて欲しいものです。

2010年9月28日火曜日

limousine リムジン☆

初めに、「リムジン」とは・・・。

wikiによると
「後部座席部分の構造を延長し、運転席との間に(可動式の)仕切りを設けた大型乗用車。拡大された後部空間には、通常3名以上の乗員が乗車でき、豪華な装備を持つ。ストレッチ・リムジン(stretch limousine)とも呼ばれる。」
となっております。

我が家の近くの中古車店に(当店とは比べ物にならない程大きなお店〔泣〕)リムジンが商品車として展示してあります。いったいどのような方が中古でリムジンをお買い上げされるのか、少々興味がございます。

まぁ、リムジンといえば「セレブ」とか「ハリウッド」なんていう短絡的なイメージしか浮かびません。
私のような超庶民なんぞは「結婚式」くらいにしか用途はございません。
(その結婚式でも使わなかったけど)

意外なことに海外では普通に町をいわゆる"流し"で営業することもあるとか。
実際そうでもビビッて止めれそうにありませんが  笑

こちらまぁ、普通のリムジン。
皆さんもこんなイメージではありませんか?



ところが!!!
世界はまたしても広かった!
"普通"では到底満足できない方々のために普通じゃないリムジンをご紹介。







いったいこんなリムジンに用があるのはどんな方なんでしょうか????
リムジンをハイリフトにしたり
トラックをリムジンにしたり
バットマンカーをセレブ御用達にする意味は?????

ま、そんな事に答えはありませんから笑って済ませれば良いと思いますが。

それにしても解せなかったのはこちら。
なんとFERRARIのリムジン。

なんで????

だってリムジンといえば
室内でくつろぎすぎるほどくつろいだり
きらびやかで豪華絢爛なムードの中で1杯飲んだり

それはそれは言ってしまえば治外法権のような・・・。
ん~つまり、「ほぼ何でもあり」な状況を考えるのですが。




だってシート、バケットだよ??
リムジンというより
護送車ですよ

て言うかアトラクションに近いか。

1杯やるどころか締め付けられて身動きできないし。

ま、実際乗ったら快適なのかも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。






ん~まぁいつものごとく面白いからいいんですけどね。
こちらはおまけ。

ま、リムジンとは呼ばないでしょうけどね。


どうやって曲がるんですかね?? 笑

2010年9月26日日曜日

お知らせ



明日27日は定休日です。
よろしくお願い致します。

4座オープン

以前オープンに乗っていました。
2シーターも4シーターも経験しました。
どちらもそれぞれ気に入っています。

先日4人乗りのオープンに家族で乗られている光景を目撃。
なんだかとても素敵な絵でしたよ。

いまや、ファミリーカーも昔の4ドアセダンからミニバンタイプへと変化しています。
もちろん、それらの(つまりステップワ○ンとか○デッセイとかセ○ナなどに代表される)車種もとっても便利で、思った以上に走ってくれるし快適この上ない。ということは否定できないのですが  笑

悔しいですが「欲しいかも」なんて思ったことも認めます。

ですが!!!!!

先日の光景を見て 
オープンもファミリーカーに使える。
と思いました。

もちろん4シーターでね。

と言うことでお手ごろな値段か否かは調べてませんけど集めてみました。
いかがでしょう??



















vw,AUDI,BMW、saab、volvo、PEUGEOT、などなど。
もちろん他にもあげればあるんですけど代表的なものを。
アメリカンなものを視野に入れても面白いかもしれません。

意外にも国産では思いつきませんでした。

輸入車=お金持ちとか言う時代はとっくに過ぎていますけど
それでも、そんな見方をする方がおられることも事実。
輸入車に乗っているだけで、しかもオープンは確かに割高ですから
ご近所の目が気になってしまうかもしれない・・・・。

そういう時はクルマを可愛らしいものにしてしまえばOK。
こちらはどうでしょう??



大きくないし、ルックスも良いし、お洒落ですよね。


個人的にはこちら。
でも、これが一番お金かかるかもしれない(泣)

このミニバン全盛の時代、
あえてオープンと言う選択はいかがでしょう??
多少勇気いりますけどね!!