お知らせ

2012年9月より岡山に移転し営業しております。 「完全予約制」な「隠れ家的クルマ屋」。 まぁ一人で手が回らないだけ、なんて実状は内緒です。笑 全国納車賜ります。 小さいからこそ小回りの効くお店でありたいと思っています。 皆様どうぞよろしくお願いいたします。

2010年8月20日金曜日

PORSCHE・・・・・・。

ほぼ毎日走りまわっているおかげで色々なクルマを目にします。
それが楽しみでもあるんですが。

今日も
「何か鮮やかなクルマだなぁ」
思って見ていたら、何とも言えない鮮やかなミドリのポルシェでした。

ポルシェと言ってもいわゆる911ではなく968でした。
好きなんです、これ。
乗ってみたいかも。

確か「彼女のカレラ」(だったと思うんですが)と言う漫画に登場してたはず。
ただの968ではなく"968 CLUBSPORT"というやつが。
主人公は女の子で確かカレラRSに乗っているんですよね?
その他にもクルマ好きと言うかクルマオタクと言うかを満足させるクルマ達が登場してたような。

ま、そんなオタク話は置いといて、968cs、いいですよね~。
汗臭いところが(笑)




室内はこんな感じ。




本気で走る方々はこんな感じ。





それもそのはず。

日本では開催されなかった様ですが、968のワンメイクレース用「カップカー」の市販モデルで
この968CSは、1992年~1994年の2年間だけ生産された短命な車なんですね♪


スポーツ走行用の装備や運動性能を上げるための軽量化が行われているモデルなんだそうです。
車重は通常モデルより50キロ位軽量だとか・・・。

この968CSの特徴は、フロントエンジン、後輪駆動
エンジンは、直列4気筒3000ccのNAエンジン。
4バルブのDOHCからはは240ps、トルク31kを発生。
ポルシェで直列4気筒というのはさすがちょっと驚き!
1シリンダーで言ったら、750ccの単気筒バイクですよ

確か当時、「世界最大の4気筒」なんて形容されていたはず(笑)

もちろん高回転型のエンジンで有るわけはなく
低中速のトルクがたっぷり、クロス気味のギヤレシオもあり
2000回転以下でトラックの様に走れちゃうんですね
ゲトラグ社製の6速マニュアルトランスミッションは
ポルシェ初の6速ミッションだそうです。

そして、そのフロントに鎮座したエンジンでもなお、前後の重量配分を適正化する為に、トランスミッションは
リアデフと一体=俗に言うトランスアクスル方式ってもので、前後の重量配分は50:50…凄いですねぇ!!

ペダル類はスポーティなアルミ製。そしてスロットルペダルはオルガン式=床から生えてるんですね。



とまぁ、一部コピペ多用でお届けしましたが、知れば知るほど911だけがポルシェじゃない!!

と思わせてくれます。

時間も経過していますし、タマ数も少ないでしょうから
是非大切に乗っていただきたいと、すれ違いざまのオーナーさんにお願いしたい気分です。
(今日のがCSかどうかは知りませんが)

それではまた☆

0 件のコメント:

コメントを投稿